カンジダ症の治療と予防法

膣カンジダ治療薬

膣カンジダ症は性感染症?

膣カンジダ治療薬

カンジダ症あるいは膣カンジダはセックスで感染する病気ではありません。おりものや外陰部の痒みなど性器に症状が出るので性感染症と勘ちがいされがちですが、性経験のない女性でも発症します。女性の5人に1人はカンジダ症になったことがあるありふれた病気ですが、再発しやすいので注意が必要です。

膣カンジダ症の原因は?

カンジダ症の原因は真菌類に属する、酵母の一種のカンジダ菌です。真菌類とは細菌類とは別種の菌類で、酵母、カビ、キノコなどがその仲間です。 カンジダ菌は膣内常在菌の1つで、ふだんからある程度の数が膣の中に住み着いていますが症状を起こすことはありません。しかし体力が低下して免疫力が弱くなると、異常繁殖して症状を引き起こします。 風邪などで抗生物質を服用したときもカンジダ症になることがあります。これは抗生物質で膣内の乳酸菌などが殺菌されて常在菌のバランスが崩れて、カンジダ菌が異常繁殖することによります。ホルモンバランスが変化する妊娠中もカンジダ症が出やすくなります。

膣カンジダ症の症状は?

カンジダ症になると、外陰部が炎症を起こして痒くなり、おりものがふえます。おりものは酒粕のようなあるいはカッテージチーズのようなと表現されるカンジタ症に独特のものが出ます。色は白または黄緑色をしています。外陰部や膣内の炎症が悪化すると、ただれてヒリヒリした痛みが出ることがあります。

膣カンジダ症の治療は?

カンジタ症の治療には、抗真菌薬の膣剤、内服薬、塗り薬を使用します。膣剤は病院で処方されるカンジダ症の薬で、一度入れると1週間ほど効果が続くタイプと毎日入れかえるタイプがあります。内服薬には抗真菌薬のフルコナゾールを成分する「ダイフルカン」、塗り薬には「クロトリマゾールジェル」「ニゾラルクリーム(ケトコナゾール)」などがあります。オロナインなど市販の「かゆみ止め」を使っても効果はなく、かえって悪化させることもあるので注意してください。

膣カンジダ症の再発予防は?

カンジダ症の再発予防でもっとも大切なのは、免疫力を低下させないことです。そのためには過労、寝不足、過大なストレスを避けて、規則的な生活リズムを守るようにしましょう。暴飲暴食もよくありません。とくに甘い物を食べすぎて血糖値が上がると、カンジダ菌が繁殖しやすくなります。

カンジダ菌はカビの1種なので、デリケートゾーンをなるべく乾燥した風通しの良い環境にしておくことも大切です。下着はコットン100%がおすすめです。ジーンズよりスカートの方がむれることが少ないですね。再発しやすい人は、ガードルはもちろん、夏場はできればストッキングもはかない方がよいでしょう。

ビデなどを使って清潔を心がけるのはよいのですが、トイレの度に膣内を洗浄するのは善玉菌も洗い流すことになって逆効果です。

膣カンジダ治療薬

ダイフルカンジェネリック(フルコナゾール) クロトリマゾールジェル ニゾラルクリーム(ケトコナゾール)

ダイフルカンジェネリック(フルコナゾール)

  • ダイフルカンのジェネリック薬
  • カンジダ症の特効薬
  • フルコナゾール成分配合

クロトリマゾールジェル

  • カンジダ症の膣用ジェル
  • 1日2〜3回患部に塗布
  • クロトリマゾール成分配合

ニゾラルクリーム

  • カンジダ症や水虫の特効薬
  • クリームタイプの抗真菌薬
  • 成分ケトコナゾール配合